ダイエット停滞期とは?調子よく減っていた体重が減らないダイエット停滞期を乗り切れ

スポンサードリンク

ダイエット停滞期とは

ダイエットは始めだして数週間も過ぎると、そのころまで楽しくなるほど減り続けていた体重が、突然減らなくなってしまう時期が来ることがあります。
これはダイエットの停滞期なのです。

体重計とにらめっこをしながら一口の水をためらう苦しいダイエットの日々は、ダイエットを経験された方は解ると思いますが、停滞期はダイエット中で最も難関な時期と言われています。

ダイエットの停滞期に入ったときに、焦りや不安に襲われてしまい、ダイエットを断念してその反動からドカ食いをしてしまったという人も、結構いるのではないでしょうか。

ダイエット期間は誰でも摂取カロリーを抑えるために甘いものを我慢したり、面倒なカロリー計算をしたりするでしょうから、それが結果として現れないとしたら、ほんとに辛いことでしょう。

いったいどういうわけでダイエットの停滞期というものがあるのでしょうか。

身体の働きとして、摂取カロリーがいきなり減らされると、そのとき持っている体脂肪を燃焼させてエネルギーにしようとするところがあります。この時期がダイエット開始後数週間の、体重が減る楽しい時期です。

そんな時期も開始から3週間もたつと、身体が徐々にその状態に慣れていくのです。
身体がいわば飢餓状態になる、これこそがダイエットの停滞期の意味なのです。
栄養がしっかり摂取されないことで、本能的に生命維持の働きが起こり、エネルギーを節約し始めます。

その結果、減らされたカロリーでなんとかやりくりできるような身体になるのです。そのため、特に身体を動かさなくても消費されるカロリーである基礎代謝量が減少し、脂肪の燃焼が行われにくくなって、ダイエットの成果が現れなくなるのです。
スポンサードリンク

ダイエット停滞期とは関連エントリー

ダイエット停滞期の注意点
ダイエット停滞期のときの注意点。調子よく減っていた体重が減らないダイエット停滞期を乗り切るアドバイス
ダイエット停滞期を乗り切るコツ
ダイエット停滞期を乗り切るコツ。調子よく減っていた体重が減らないダイエットの停滞期を乗り切るこつをアドバイス
スポンサードリンク