ローフードのレシピとしても定番のザワークラウト(キャベツの酢漬け)の作り方簡単方法レシピ情報

スポンサードリンク

ザワークラウトのレシピ

ローフード,レシピ,ザワークラウト,キャベツ,簡単,方法

ドイツのキャベツの漬物ザワークラウトのローフード版作り方です。

酢を使ったり、塩漬けのキャベツを発行させる方法などでの作り方がありますが、本来は酢を使わない発行させるものなんですね。
ということで、手軽に作れて、味や野菜でアレンジが利くローフードとしても定番のザワークラウトを紹介します。




スポンサードリンク

ザワークラウト 材料

キャベツ(有機農法) …… 1kg(中1個)

塩 …… 10g  塩加減が少ない場合は調整を。

ローリエ …… 2枚
粒胡椒 …… 2粒
唐辛子 …… 1本

好みで ディルシードやキャラウェイシードなど種子系のものを入れてもいいですね。
ニンジンなども薄く切って入れてもオリジナリティがでます。

ザワークラウト 作り方

ローフード,レシピ,ザワークラウト,キャベツ,簡単,方法 @よく洗ったキャベツ1/4に切り分ける。

A1/4をジューサーにかけてジュースにする
 残りのキャベツは5センチくらいのざく切りにする。

Aキャベツジュースに塩、種を取って小さくカットした唐辛子、ハーブを加える。

Bざく切りしたキャベツをキャベツジュースに満遍なく混ぜる。

C漬け物容器に、キャベツを少しずつ入れていく。このときに、できるだけ葉と葉の間に空気が入らないように、手で押しながら、キャベツを入れる。

D全部入れたら空気が入らないようにラップでしっかり保護、上から軽く重しを乗せて、室温で3〜5日置きます。


これで発酵を待ちます。
20度前後の室温で5〜7日、25度前後で3日くらい置くと発酵が進みます。
酸味が出てきたら、食べ頃になりますので、その後冷蔵庫などで熟成させましょう。
冷蔵庫に入れるとで2週間ほどの保存が可能です。 (塩が多いと、塩辛さが浸透します。キャベツを多めに使用する場合は、塩を少な目がいいと思います。)


E食べるときは、水気を良く絞ってください。

定番ザワークラウト ローフードレシピ 関連エントリー

ローフードのレシピの食材
ローフード食材、アメリカのセレブから飛び火したローフードダイエットの気になる簡単ロー(生)レシピに使われる食材情報をお届け
ローフードの料理、ジューサーの調理法
ローフードダイエットでよく使われるミキサー、フードプロセッサー、ジューサー、デハイドレーター(、ローフードの料理、調理方法情報
定番ザワークラウト ローフードレシピ 
ローフードのレシピとしても定番のザワークラウト(キャベツの酢漬け)の作り方簡単方法レシピ情報
スポンサードリンク