ローフードダイエットでよく使われるミキサー、フードプロセッサー、ジューサー、デハイドレーター(、ローフードの料理、調理法情報

スポンサードリンク

ローフードの調理法

ローフード・ダイエットでは、ローフード(リビングフード)と呼ばれる食物が持つ、加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを取る調理法が多く用いられる。

生のものを多く食べるのだが、酵素が破壊されないとされている摂氏46度以下でならば加熱した調理がある。


特徴的な調理法として、水につけるということが多くある。
これは、生のナッツや種子類は水につけることが多い。
生のナッツや種子類には、酵素の活動を阻止する酵素抑制物質が含まれていて、そのため、これらを食べる際には1晩水に浸し、酵素抑制物質を除去するということをする。

その後、ミキサーにかけたり、サラダに使ったりとしてゆくなどいいですね。

調理法におおいのにジューサーやフードプロセッサーなどを良く使います。

基本的に、酵素を取るということでそれらを効率よく取る方法を選んでいるように思いますね。
スポンサードリンク

ジューサー、フードプロセッサーの選び方

ジューサーを選ぶポイントは、ゆっくり回転するギアに野菜をかませてくだくもので、フィルターを通してジュースを濾すタイプが良いとされています。

 

多くのものは、高速に回るおろし金で野菜をすりおろし、遠心分離でジュースと繊維を分けるタイプなのですが、このタイプだと、摩擦熱で野菜の栄養や酵素を破壊しやすくなってしまうようです。

 

低速ギア回転方式のもののほうが、栄養素を壊さないというものの、値段が張ることがデメリット、3万〜6万と非常に高いのです。

 

通常のジューサーが3000円くらいから買えることに比べるとかなり考えてしまいます。

 

私が、2ヶ月で5キロやせたときに使っていたのは、遠心分離式。安いほうでした。
1年ちょいで使い倒しちゃいました。で、次に買ったのが低速ギアの「グリーンパワー」これは結構勇気要りました><

 

でも、確かに、味が違うんですね。
野菜ジュースとかは苦味というか、えぐみというか、とげとげしさが抜けたような感じがします。

 

通常のジューサーで試してみて、野菜ジュースなど定番が出来てきたら、思い切って低速ギアのジューサーを買ってみるといいと思いますよ。

 

 

遠心分離ジューサー

 

テスコム ジューサー&ミキサー TMJ808

テスコム ジューサー&ミキサー TMJ808

1台でミックスジュース、料理の下ごしらえ、自家製ふりかけも♪『ミル&ジュースミキサー(ジューサー)』

1台でミックスジュース、料理の下ごしらえ、自家製ふりかけも♪『ミル&ジュースミキサー(ジューサー)』

毎日の健康のために、これ一台で多彩なメニューが簡単に作れちゃう!料理の下ごしらえから、スープまで出来る本格派。決め手は鋭い切れ味のチタンコートカッター!サーキットプロテクター採用で、安全にもこだわっています。

■サイズ・容量/幅170×長さ170×高さ325mm・750ml
■重量/ジューサー時 2000g(ミル時 1400g)
■付属品/取扱説明書・保証書:1年間
■仕様/電源:AC100V 50/60Hz、消費電力:200W、コード長さ:1.4m
■JANコード/4995397170312


 

 

 

低速回転ギア高機能ジューサー

 

 

E0001:低速圧縮搾りジューサーイキイキ酵素くん 【最新モデルDA-980】

E0001:低速圧縮搾りジューサーイキイキ酵素くん 【最新モデルDA-980】
ニンジンなどを搾られたい方へ ニンジン・アシタバ・ケールなど、硬質の野菜をジュースにされる場合にはいきいき酵素君では短期間は可能ですが、連続的に搾る場合にはドラムが壊れてしまいます。 これらの野菜を搾る方は、耐久性の高いツインギアのグリーンパワージューサーをご選択ください。

送料サービス!低速回転圧搾式ツインギアジューサーグリーンパワージューサー

低速回転圧搾式ツインギアジューサーグリーンパワージューサー

 

ローフードの料理、ジューサーの調理法関連エントリー

ローフードのレシピの食材
ローフード食材、アメリカのセレブから飛び火したローフードダイエットの気になる簡単ロー(生)レシピに使われる食材情報をお届け
ローフードの料理、ジューサーの調理法
ローフードダイエットでよく使われるミキサー、フードプロセッサー、ジューサー、デハイドレーター(、ローフードの料理、調理方法情報
定番ザワークラウト ローフードレシピ 
ローフードのレシピとしても定番のザワークラウト(キャベツの酢漬け)の作り方簡単方法レシピ情報
スポンサードリンク