通勤を自転車にしてダイエット

スポンサードリンク

自転車で通勤ダイエット

通勤を自転車に変えるだけでダイエットをしている方は結構いるのです。

 

というより、

 

「自転車にしたら、やせたよ!!!」

 

と言う人が多いといった方が正しいかもしれませんね。

 

 

 

会社に行く、学校に行くという目的と、痩せるという目的が合致しているため、運動を続けてすることが出来るということを叶えてくれるダイエットなんですね。

 

 

では、何故、自転車がダイエットに適しているかを紹介します。

スポンサードリンク

自転車で痩せるには?

自転車でどうして痩せるのか

 

不思議に思ったことはありませんか?

 

 

実は、自転車は結構全身を使うのです。

 

座っていますが、これは、体重をおしりが支えることで足や膝に体重での負担をかけないという利点があります。

 

一番の運動の負担は太もも、ふくらはぎです。
また、おもいのほか上半身も使うため、腹筋と背筋がバランスよく使われます。

 

 

こう考えると、意外と全身を使っていることがわかります。
そして、これが有酸素運動になっています。

 

実際に、効果的な自転車ダイエットは20分以上走り続けると良いとされます。
自転車で20分というと、10Kmを目処に走った方がよいです。

 

これはダイエットと言う観点でみると、きつい坂道があったとしても、体のキツさで見るより、時間で見たほうが良いでしょう。

 

 

もし、自転車ダイエットをしようと考える場合は、通勤として使うのでないなら、きつい坂を避けて、20分間走ることの出来るルートを探すとよいでしょう。

 

オススメは堤防沿いや川沿いで走れると気分も良いですよ。

 

 

次に通勤時のポイントを説明しますね。

自転車ダイエットを通勤で!!

通勤を自転車にするときのポイントを説明しますね。

 

自転車で効果的に痩せるには、20分以上こぐことが出来るのが良いです。

 

ですが、自転車に変えたすぐは、その長い時間こぐということをしなくても良い場合があります。
自転車をこぐということで、そのために必要な筋肉が引き締まるという効果は、普段使わない筋肉を使うために、最初の一週間だけでも、大分体の変化を感じることが出来ると思います。

 

それで、自転車の気持ちよさや楽しさを感じる人もいるでしょう。

 

そうしたら、少し遠回りをして、20分ほど走って変えるようなルートにすると良いのです。

 

 

普段の電車通勤から逃れられるというのも、この通勤自転車ダイエットのメリットでもあるからなのです。

 

逆にデメリットは雨の日ですかね・・・><

スポンサードリンク